26歳からのトリリンガルwebエンジニア

Anywhere

アフィリエイト

Amazonアソシエイトの審査、規約の紹介とAmazonアソシエイトのアカウントを持っている人がサイトを追加する方法

投稿日:

この記事のタイトルとURLをコピーする

わかること

  • Amazonアソシエイトの審査基準。
  • 覚えておきたい注意点。
  • すでにAmazonアソシエイトのアカウントを持っている人がサイトを追加申請する方法。

将来は海外に住みたい犬
Amazonアソシエイトの申し込みをしようと思うんだけど、どんな審査基準があるんだろう・・・?

Tsune
Amazonアソシエイトの審査基準をインターネット上の意見をまとめたので、簡単に説明しますね。

【概要】Amazonアソシエイトの審査基準

Tsune
これらが2019年6月時点でわかっているAmazonアソシエイトの審査基準です。

Amazonアソシエイトの審査基準

  • 審査に出すとき、サイトの内容と商品の紹介方法をきっちりと書く。
  • Amazonを使ったことがあるAmazonアカウントを利用して申請。
  • 審査に出すサイトの運営者情報をかく。
  • 審査に使うメールアドレスはフリーメールを使わない。
  • プライバシーポリシーのページにAmazonアソシエイトに参加していることを明記する。
  • すでに広告を貼っている場合は、全部の広告を外して審査に申し込む。
  • 審査の参考になるように、10記事ぐらい入れておく。
  • 入れておく記事の文字数は、1000文字以上。

これらの条件を抑えていると、Amazonアソシエイトの審査に通る可能性が高くなります。

詳しい詳細を確認していきましょう。

審査に出すとき、サイトの内容と商品の紹介方法をきっちりと書く

当たり前ですが、サイトの審査に出すときにきっちりと書かないといけない項目があります。

それは

  • サイトの内容の紹介。
  • 商品を紹介する方法。

です。

これらが明確になっていないと、Amazonアソシエイトの審査に落ちる可能性があります。

Amazonを使ったことがあるAmazonアカウントを利用して申請

Amazonで購入履歴のあるアカウントを使って、Amazonアソシエイトに申し込むようにしましょう。

審査に出すサイトの運営者情報をかく

運営者情報のページを作成して、誰がサイトを運営しているのか明確にするようにしましょう。

運営者情報の名前はニックネームでも大丈夫です。

gmailなどのフリーメールはダメという話がありますが、中にはgmailでも審査に通過した人がいるようです。

心配な人は独自ドメインでメールアドレスを作成して、そのアドレスでAmazonアソシエイトの審査に申し込むようにしましょう。

サーバーで独自ドメインでメールアドレスを作成して、転送でgmailにしておけばメールをチェック漏れする心配が減ります。

プライバシーポリシーのページにAmazonアソシエイトに参加していることを明記

プライバシーポリシーのページを設定して、その中にAmazonアソシエイトに参加していることを明記するようにしましょう。

すでに広告を貼っている場合は、全部の広告を外して審査に申し込む

これは少し手間ですが、すでに広告を何かしら貼ってしまっている場合は広告を外すようにしましょう。

審査の参考になるように、10記事ぐらい入れておく

審査をするとき、参考になるような記事を10記事ぐらい入れておきましょう。

人によっては5記事ぐらいで審査に通過したという人もいますが、念のため記事が多いに越したことはありません。

さらに念を押して審査に通したいなら、リンクを張らずに商品を紹介する方法です。

これなら審査をする人が「このサイトのコンテンツの作り方なら、審査に通しても大丈夫だな」とイメージが湧きやすいですよね。

入れておく記事の文字数は、1000文字以上

入れておく記事の文字数ですが、数百文字程度だと短いと判断されてしまいます。

できれば1000文字以上、記事の中に文字を入れておくようにしましょう。

審査落ちするサイトの例

将来は海外に住みたい犬
でも審査に落ちちゃうサイトもあるよね?

Tsune
Amazonが出しているAmazonアソシエイトに落ちてしまうサイトの例の要約をお伝えしますね。

審査に落ちるサイトの例

  • webサイトが出来て間も無く、記事数が少ない場合。
  • サイトの更新が長いこと行われていない。
  • コンテンツの中身が転載や引用、広告が多くオリジナリティがない。
  • 身元が不明。
  • 申請に出してきたURLが間違っている。
  • 閲覧規制のかかるコンテンツ内容を含んでいる。
  • ドメインの中に「Amazon」「kindle」など、誤認されるようなアドレスになっている。
  • サイトと連動しているSNSのアカウント名に「Amazon」「kindle」が含まれている。
  • コンテンツの中身がなく「あああ」「商品名だけ」という場合。
  • コンテンツの中に「最安値」「在庫あり」などの表記がある。
  • 著作権違反がある。
  • 薬事法に違反している。
  • 情報商材サイトへ誘導している。
  • 紹介料の使用を寄付や支援にしている。
  • 未成年からの申し込み。

これらの理由があるとき、Amazonアソシエイトの審査に落ちる可能性があります。

【注意点】サイトごとに登録が必要

Tsune
Amazonアソシエイトの注意点があります。

将来は海外に住みたい犬
どんな注意点なの?

注意点

サイトごとに申請して登録する必要あり。

審査に申し込みする

Tsune
今回はすでにAmazonアソシエイトのアカウントを持っていて、サイトを追加する場合の流れでご紹介します。

Amazonアソシエイトのサイトの追加画面1

「ヘルプ」→「お問い合わせ」にいきます。

Amazonアソシエイトのサイトの追加画面2

必要な項目に入力していきます。

Amazonアソシエイトのサイトの追加画面3

「アカウント情報の変更、登録URLの追加など」を選択します。

Amazonアソシエイトのサイトの追加画面4

必要な項目を入力していきます。

Amazonアソシエイトのサイトの追加画面5

この画面が出れば審査の申し込みは完了です。

Amazonアソシエイトの審査、規約の紹介とAmazonアソシエイトのアカウントを持っている人がサイトを追加する方法のまとめ

まとめ

  • Amazonアソシエイトの審査基準。
  • これからAmazonアソシエイトを使う上で、気をつけないといけないこと。
  • すでにAmazonアソシエイトのアカウントを持っている人がサイトを追加する申請の流れ。

  • この記事を書いた人
Tsune

Tsune

26歳から3年間、セブ島、北京、台北に住む。いまは現役のwebマーケッター。得意技は美味しいお店を見つけること。特に中華。

-アフィリエイト

Copyright© Anywhere , 2019 All Rights Reserved.