26歳からのトリリンガルwebエンジニア

Anywhere

映画

【映画鑑賞ログ】バケモノの子(*後半以降部分にネタバレあり)

2015年夏に公開されました映画「バケモノの子」を、ようやくDVDで観ることが出来ました。

「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督の作品ということもあって、期待値高めで観させて頂きました。

 

bakemono
出典:URLhttp://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-3912177/

 

予告編とあらすじ

 

人間界「渋谷」とバケモノ界「渋天街」は、交わることのない二つの世界。ある日、渋谷にいた少年が渋天街のバケモノ・熊徹に出会う。少年は強くなるために渋天街で熊徹の弟子となり、熊徹は少年を九太と命名。ある日、成長して渋谷へ戻った九太は、高校生の楓から新しい世界や価値観を吸収し、生きるべき世界を模索するように。そんな中、両世界を巻き込む事件が起こり……。
出典:URLhttp://www.cinematoday.jp/movie/T0019739

 

 

細田作品のタッチが良い(以下、ネタバレあり)

 

「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」の作品と同様、アニメのタッチが良いですよね。

何回も観たくなるアニメのタッチです。

 

ストーリー展開的には、賛否両論あるようですが、良いのではないでしょうか。

 

孤独だった師匠と孤独な子どもだった少年が出会って、互いにいがみ合いつつ、本当の親子のような、友達のような、それでいて師弟関係も維持しているような、そんなユニークな関係。

 

それにしても、少年が9年近くも違った世界で生活して、自分を鍛えていたのはビックリでした笑。日常生活への復帰、大丈夫なのかな?とか余計な心配しつつ、ちゃんと社会復帰出来そうな感じで良かったです。

 

コアな話題なのかもしれませんが、この作品、ジャッキーチェンの映画も少し取り入れているようなんですね。

 

熊徹の足型にあわせて久太が飛び跳ねて修行するシーン、そこで『スネーキー・モンキー/蛇拳』のオマージュが登場するようですね。僕はそこまでジャッキーの作品全てを覚えているわけではないのですが、そういった茶目っ気のあることを聞くと、ジャッキーの作品も、本作品ももう一度観たくなりました。

 

  • この記事を書いた人
Tsune

Tsune

26歳から3年間、セブ島、北京、台北に住む。いまは現役のwebマーケッター。得意技は美味しいお店を見つけること。特に中華。

-映画
-

Copyright© Anywhere , 2019 All Rights Reserved.